読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズと日常

ジャズ初心者の主婦がジャズCDの感想を書いてます。あとは食べ物の話題が多いです。

スポンサーリンク

John Zorn / Naked City

『Naked City』

John Zorn(as),Bill Frisell(g),Fred Frith(b),Joey Baron(ds),Wayne Horvitz(kd),Yamatsuka Eye(vo)

 

一時期ジョン・ゾーンが好きで、いろいろCD買ってたんだけど、『MASADA』あたりから、あんまり聴かなくなってしまった。

 

結局、私が一番好きなジョン・ゾーンの作品って、ノンサッチから出ている『Spillane』と『Naked City』なんだな。

 

で、今日はその『Naked City』を紹介します。

 

ジャズやら映画音楽やらハードコア・パンクやら、いろんな音楽のコラージュみたいになっていて、初めて聴いたときは「なんじゃこりゃ」って感じで、かなり衝撃だったんですよね。

 

そして、短い曲が次から次へと変わっていくスピード感。これがけっこう快感だったりします。

 

ちょっと変わった音楽ではあると思うけど、根底にポップなものを感じるので、意外と聴きやすいと思います。

 

Naked City

Naked City