読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズと日常

ジャズ初心者の主婦がジャズCDの感想を書いてます。あとは食べ物の話題が多いです。

スポンサーリンク

George Russell / Jazz Workshop

『Jazz Workshop』

 George Russell(p), Bill Evans(p)Art Farmer(tp), Hal Mckusick(as,fl),Barry Galbraith(g),Milt Hinton(b),Teddy Kotick(g),Joe Harris(ds),Paul Motian(ds),Osie Johnson(ds)

 

ジョージ・ラッセルのファースト・アルバムで、彼が提唱するリディアン・クロマティック・コンセプト実践した、はじめての作品です。

 

リディアン・クロマティック・コンセプトとは何か?

リディアン・クロマティック・コンセプト - Wikipedia

 

wikipediaを読んでみましたが、よくわかりません。でもわからなくても音楽は楽しめるので大丈夫です。

 

このアルバムは1956年に録音されたんだけど、最近の作品じゃないのかって思うくらい現代的に聴こえます。なんというか、すごくとんがったジャズです。一曲目「Ye Hypocrite, Ye Beelzebub」から、もうかっこいいんですよ。 前衛的なテイストはあるけど、前衛ではないんですよね。

 

 このアルバムのビル・エヴァンスのピアノは、すごいです。ワルツフォーデビイと全然違うじゃないですか。シャープで攻撃的。ビル・エヴァンスってリリカルなだけじゃないんですね。

 

 ジョージ・ラッセルってとっても興味あるんですが、ネットで調べてもあんまり情報がないんですよね。英語だったらあるっぽいけど。

 

ジャズ・ワークショップ +2

ジャズ・ワークショップ +2