読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズと日常

ジャズ初心者の主婦がジャズCDの感想を書いてます。あとは食べ物の話題が多いです。

スポンサーリンク

Kenny Burrell / Introducing Kenny Burrell

『Introducing Kenny Burrell

Kenny Burrell(g),Tommy Flanagan(p) Paul Chambers(b),Kenny Clarke(ds),Candido(conga)

 

ケニー・バレルの初リーダーアルバム。

このアルバムのレコーディング当時、彼は24歳だったそうなんですが、もう彼独特の世界が出来上がっています。

 

ケニー・バレルのギターは、ぐいぐい主張するプレイではないけど、存在感がある。さりげない演奏ってこういうことかな、なんて思う。心が落ち着く音楽です。

 

あとこのアルバム、コンガが効いているのも良い。私、コンガの音が好きなんです。

 

6曲目の「Rhythmorama」は、ドラムとパーカッションのデュオで、ケニー・バレルは参加していない。コンガ好きな私は嬉しいけど、一体なぜこんな曲が入っているのかと思ったが、CDの解説によると、当時のブルーノートでは、こういう主役休憩的な曲を入れるのは珍しくなかったそうです。

 

イントロデューシング・ケニー・バレル

イントロデューシング・ケニー・バレル