読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズと日常

ジャズ初心者の主婦がジャズCDの感想を書いてます。あとは食べ物の話題が多いです。

スポンサーリンク

John Patton / Boogaloo

『Boogaloo』

Big John Patton(org),Vincent McEwan(tp),Harold Alexander(ts, fl),George Edward Brown(ds),Richard Landrum(cga)

 

体調もようやく元にもどったので、久々に音楽の記事を書きます。

 

『Boogaloo』は、ジョン・パットンの1968年のリーダー作ですが、公式リリースされたのは95年。

 

カッコいい、かつ風変りなジャズです。

ジョン・パットンはオルガン弾きまくってもクールな佇まい。

 ハロルド・アレキサンダーの熱く、時々フリーキーになる演奏は面白い。

 そして、ジョージ・エドワード・ブラウンのドラムがすごく良い。気持ちが高揚させられるプレイです。

 

 当時としてはかなり不思議な感じのジャズだったのではないかと思う。

 

ブーガルー

ブーガルー

  • アーティスト: ビッグ・ジョン・パットン,ヴィンセント・マキーワン,ハロルド・アレキサンダー,ジョージ・エドワード・ブラウン,リチャード・パブロ・ランドラム
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/06/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る