読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズと日常

ジャズ初心者の主婦がジャズCDの感想を書いてます。あとは食べ物の話題が多いです。

スポンサーリンク

映画『デスペラード』『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』を見た

去年「午後のロードショー」で放送されて録画しておいた『デスペラード』と『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』、やっと見終わって、とっても面白かったので感想書きます。

 

普通のメキシコの町が舞台なのに、武器が現実離れしていて、そのギャップがなんだか不思議。クセになる感じがあるね。細かいところを見れば「そんなバカな」っていうところがたくさんあるんだけど、細かいところいちいち気にすんなっていう力技でもっていってる。素晴らしい。

 

音楽も良いんですよね。哀愁あふれるギターの音。作品自体にはあんまり哀愁はないんですが。

 

デスペラード』はシンプルなストーリー、『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』はスケールアップして、ストーリーも複雑になっている。そしてジョニー・デップの存在感がすごい。

 

デスペラード』は1995年、『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』は2003年の作品で、こんなに面白いならもっと早く見ておけばよかったと思ったけど、私はもともとフランス映画とか好きだったので、公開当時に見たら、なんかくだらない映画だなあ、くらいで終わってたかも。今見ることができて、よかった。