ジャズと日常

ジャズ初心者の主婦がジャズCDの感想を書いてます。あとは食べ物の話題が多いです。

スポンサーリンク

台風の話とか

台風15号、大変でした。ウチもちょっとだけど被害がありました。

 

9月9日、驚くことに、テレビは組閣と韓国のことばかり。総理大臣も千葉県知事も全然仕事しなかった。まあ総理大臣はもともと災害に関して何にもしないけども。千葉市市長と共産党の人がいてくれてよかった、と思ってました。

 

テレビの報道が、政府の批評しないのがねえ。他国の政治の批判はするけども。

自国の政府に問題は無いと考えているのか、あるけれどもなんらかの理由でできないのか、どっちなのかはわかりませんけど、報道の価値がないなあと思うことはよくあります。

布施知子 『おりがみで作る入れ子の箱』

布施知子さんの『おりがみで作る入れ子の箱』は、箱の中にさらにいろいろな箱を組み合わせていくという本です。

 

すべて一枚の紙で折ります。なので、ユニットの組む難しさはないけど、折り筋をたくさんつけていく作品が多いので、その点がちょっと面倒。でも、色合わせを考えながら入れ子の箱を作るのはなかなか楽しいです。

f:id:amanatsu11:20181003093403j:plain

 

おりがみで作る入れ子の箱: さまざまな形の箱を組み合わせて楽しむ

おりがみで作る入れ子の箱: さまざまな形の箱を組み合わせて楽しむ

 

 

山口真 『端正な折り紙』

だいぶ前から気になっていた本『端正な折り紙』を買いました。

 

普段自分が折らない難しい作品がたくさん載っていて、がんばって折るぞーという気持ちになってます。

 

そんなに難しくない作品も載っているんですが、その中でもマーティン・ウォールさん創作の「本」が気に入ってます。伝承の箱がまさか本になるなんて!という驚きがあります。

 

f:id:amanatsu11:20180927094947j:plain

 

 

端正な折り紙

端正な折り紙

 

 

丹羽兌子 『贈る・飾る・使う 折り紙の箱と小物』

ここのところ、ずっと布施知子さんのユニット作品ばかりつくっていたんですが、最近、違う方の作品も作ってみたくなり、折り紙の本をいくつか買いました。

 

その中の一冊、丹羽兌子さんの『贈る・飾る・使う 折り紙の箱と小物』を紹介します。

 

丹羽兌子さんは、子供向けの折り紙本が多いんですが、こちらの本は、大人向けの作品が載ってます。

 

ハートのボックス、お家ボックス、トリケラトプスを折ってみました。

f:id:amanatsu11:20180927092803j:plain

この他にも、かわいい箱がたくさん載ってましたよ。

 

あと、トリケラトプスが気に入ってます。この本では、トリケラトプス、プテラノドン、ステゴザウルスの3種類の恐竜が載っていて、難しいけど折れないほどじゃない感じで、楽しく折れました。

 

贈る・飾る・使う 折り紙の箱と小物

贈る・飾る・使う 折り紙の箱と小物

 

 

解放感

ひさしぶりの更新です。

しばらくずっと文章を書く気力がなかったんですが、だんだんエネルギーがたまってきた感じです。

 

さて、子どもが小学生になりまして、やっと幼稚園の送り迎えから解放されました。

幼稚園に行って帰ってくるだけなのに、なぜかすごくストレスを感じていて、かなりきつかったんです。それがなくなり、本当に開放された!って気持ち。

 

これからは更新頻度上げたいです。

 

 

ユニット折り紙エッセンス

こんにちは、甘夏です。

 

ユニット折り紙でいろんな立体を作りたくなり、こんな本を買いました。

f:id:amanatsu11:20171114100542j:plain

布施知子さんの『ユニット折り紙エッセンス』です。

 

この本に載っている折り紙10枚で組む正20面体が、作る過程が面白い。いっぱい作っちゃいました。

f:id:amanatsu11:20171114101112j:plain

初めて作った時はうまく組めなかったんですけど、数日経ってから再トライしてみたら、なんとか完成しましたよ。

 

ユニット折り紙エッセンス―布施知子のユニット集成 立方体、12面体、20面体から星組みまで

ユニット折り紙エッセンス―布施知子のユニット集成 立方体、12面体、20面体から星組みまで