読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズと日常

ジャズ初心者の主婦がジャズCDの感想を書いてます。あとは食べ物の話題が多いです。

スポンサーリンク

私のレコードコレクション アルバム編その1

帰省中、ブログのネタにしようと思って、実家にある私のレコードの写真を撮ってきたので紹介します。若いころよく聴いていたものです。

 

パラシュート「6 kinds 6 sizes」

f:id:amanatsu11:20150312143949j:plain

パラシュートは、井上鑑や今剛、松原正樹などのスタジオミュージシャンが在籍していたグループ。これ買ったのは小学生高学年か中学生の頃。当時フュージョンが流行ってて、主にエアチェックして聴いてましたが、パラシュートはレコード買ってもらうくらい好きでした。これはセカンドです。

「6 kinds 6 sizes」「HAERE MAI」「Sylvia」を持っていて、本当は「HAERE MAI」が一番好きなんですが、見つからなくて写真撮れませんでした。

 

パール兄弟「パールトロン」

f:id:amanatsu11:20150312144005j:plain

パール兄弟は「TOYVOX」まで買っていたんですが、2ndのこれが一番好きでした。一流のミュージシャンが作るフェイク感あふれるサウンドが良い。

 

 郷ひろみアスファルト・ヒーロー」

f:id:amanatsu11:20150312144019j:plain

このアルバム大好きです。十数年前、中古で買いました。サウンド・プロデュースが井上鑑っていうのにひかれて買ったんですが、とってもカッコいいサウンドなんですよこれが。さすが井上鑑しばらく聴いてないので、どんな曲が入っていたかあまり覚えていないんですよね~また聴きたい。

 

郷ひろみのアルバムは、「比呂魅卿の犯罪」が有名かと思うけど(これ↓)

f:id:amanatsu11:20150312144040j:plain

私は「アスファルト・ヒーロー」の方が好きかなあ。

 

 かしぶち哲郎「リラのホテル」

f:id:amanatsu11:20150312144145j:plain

ムーンライダーズのドラムで、2013年に亡くなったかしぶち哲郎のソロ1st。青春というか純愛というか、はかなげでロマンティックな曲が多いです。

色っぽい路線の曲はソロ2nd「彼女の時」から。

 

今はレコード聴ける環境がないのが残念です。